萌えいちご速報

2chまとめで、面白い記事を更新しています。


    高山 一実(たかやま かずみ、1994年2月8日 - )は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループ乃木坂46のメンバーである。千葉県南房総市出身。身長162cm。血液型A型。 小学1年生の時、母親の勧めで剣道を始めた。小学校を卒業後、千葉県南房総市内の中学校へ進学した。学校では剣道部に所属した
    55キロバイト (6,988 語) - 2019年2月15日 (金) 16:49


    高山一実の写真集を望む声が

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/03(日) 13:23:13.10 ID:ju5RvpCr9.net

    人気アイドルグループ・乃木坂46の“かずみん”こと高山一実が、2月22日発売の週刊誌「FRIDAY」(講談社)のグラビアページへ登場。
    「柔肌ランジェリー」と銘打たれたセクシーショットの数々に興奮するファンが続出した。

    「同誌に掲載されたのは、2月26日発売の2nd写真集『独白』(徳間書店)からの未公開カット。
    ベッド上での純白ランジェリー・ショットでは胸の谷間ががっつりと見え、ファンが騒ぐのも納得です。
    また、ショーツが見えないほど大きめのシャツを着た、いわゆる“彼シャツ”姿では、グループ内でも屈指の美脚が露わになり、
    『全身、どこを見ても美しい』『惚れ惚れする』などとファンは大喜び。
    2016年9月にリリースした前作『恋かもしれない』(学研プラス)よりも断然、色気が増したという声も上がっています」(芸能関係者)

    昨年11月に発売した初長編小説『トラペジウム』(KADOKAWA)の累計発行部数が2月21日に20万部を突破したという発表がありました。
    そこへ写真集のリリースも重なり、乃木坂46内での“印税長者”になりつつある高山。
    今後、同小説の文庫化や、アニメ・映画化などのメディアミックス戦略によって一気に稼ぎ頭になるのでは、と予測するファンもいるようだ。

    「出版不況といわれて久しい中、発行部数が20万部を超える作家は限られています。
    出版社からすれば“高山様”と崇めるような状態ではないでしょうか。
    『トラペジウム』の発売時、PR活動の一環として、文芸にスポットライトをあてた番組や企画に出演しましたが、今春で終了が決定している、
    稲垣吾郎がホストを務める読書バラエティー番組『ゴロウ・デラックス』(TBS系)には未出演。
    同番組には、高山が尊敬する湊かなえをはじめ、錚々たる作家が登場してきただけに、『かずみんと稲垣さんの共演を見てみたい』と期待する声も寄せられているようです」(同)

    アイドル小説家というキャッチーな肩書によって、バラエティー番組にも呼ばれやすくなるという相乗効果もあり、高山の活躍の場はさらに広がっていくことになりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1715342/
    2019.03.03 11:00 おたぽる


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 auctions.c.yimg.jp)


    (出典 auctions.c.yimg.jp)


    【【乃木坂46】高山一実がグラビアページへ登場“柔肌ランジェリー”にファン興奮】の続きを読む


    深田 恭子(ふかだ きょうこ、1982年11月2日 - )は、日本の女優、歌手、タレント。本名同じ。愛称は、深キョン(ふかキョン。表記揺れ:フカキョン)、きょーこりん(表記揺れ:恭子りん)。 東京都北区出身。ホリプロ所属。 1996年、中学2年生の時に歌手・華原朋美に憧れ、第21回ホリプロタレントスカウトキャラバン「PURE
    58キロバイト (7,145 語) - 2019年3月1日 (金) 21:56


    すなおに食べたいといえば

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/21(月) 14:21:04.33

    1月20日に放送された『坂上・指原のつぶれない店』(TBS系)に深田恭子がスペシャルゲストとして出演した。
    深田が食べ物に関して何気なく口にした発言に「興奮した」と漏らす男性視聴者が続出した。

    番組では、「1本600円のバナナがバカ売れしている」として特集を組んだ。1週間で1000本も売れるという。
    熱帯地帯で主に栽培されるバナナを育てる岡山県の農家を紹介。
    物産店では1本ずつの個包装にして販売しているが、600円のバナナ目当てに客が行列をなし、飛ぶように売れているという。

    600円もするバナナだが、売れる秘訣は糖度の高さに加え、「皮ごと食べられる」ことにあった。
    農薬が少なく、栄養が豊富で皮ごと食べることが可能だという。
    岡山県の住民は「野菜のよう」「シャリシャリしている」などと喜々としてバナナの皮をむかず、そのまま食べている。

    VTRを見た出演者は一様に驚いた様子。スタジオで配られたバナナを口にした出演者は「甘さが半端ない」などと、その味を絶賛していた。

    バナナを手にして「むきたい…」

    MCの坂上忍は深田にバナナを食べた感想を聞いた。
    深田はバナナを横に持ち、少しずつかじるようにして味わいながらも、やや悲しげな顔で、うつろな目をしながら「(皮を)むきたい…」と本音を漏らし、周囲を笑わせていた。

    深田の発言は何気ないものだったが、なぜか視聴者からの反響は大きかった。主に男性と思われる視聴者からは

    《うる目で「むきたい」って言ってて興奮した》

    《えっちすぎるでしょ》

    《バナナに口をあてて「むきたい」って言ってるのは、ちょっとなんかまずいのでは!?と思ってしまった》

    《深キョンにバナナ持たせたらアカン!しかも不満げに「むきたい」はダメ!》

    などと大喜びしている。

    今や稀代の「モテ女」と化した深田。一言で男性を興奮させるのはさすがだ。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-73273/
    2019年01月21日 11時07分 まいじつ


    (出典 www.tbs.co.jp)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 dogatch-static-data.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    (出典 news.mynavi.jp)


    (出典 dogatch-static-data.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    (出典 pbs.twimg.com)
    :large

    (出典 dogatch-static-data.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    【【芸能】深田恭子、バナナを「むきたい…」食べたいの間違えでは】の続きを読む


    日本アカデミー賞「万引き家族」が作品賞含む8部門で最優秀賞を受賞 - livedoor
    第42回日本アカデミー賞の授賞式が1日、都内のホテルで開催された。是枝裕和監督の「万引き家族」が作品賞、監督賞など8部門で最優秀賞を受賞。是枝監督の作品賞 ...
    (出典:livedoor)


    万引き家族』(まんびきかぞく、英題:Shoplifters)は、2018年6月8日公開の日本映画。是枝裕和監督。 親の死亡届を出さずに年金を不正に貰い続けていたある家族の実際にあった事件をもとに、是枝が家族や社会について構想10年近くをかけて考え作り上げた。日本国内での公開に当たっては、PG12のレイティング指定がなされている。
    29キロバイト (3,910 語) - 2019年3月2日 (土) 18:24



    『娘のよう』という表現のいかがわしさ が話題になっている

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/03(日) 13:06:14.76 ID:ju5RvpCr9.net

    『万引き家族』でカンヌ国際映画祭の最高賞「パルム・ドール」を受賞した是枝裕和監督が、女優・広瀬すずを寵愛し過ぎているとネット上で物議を醸している。

    広瀬は2月27日からオンエアがスタートした『earth music&ecology』の新CM「エシカルへ」篇に出演。
    同CMの監督は是枝監督が務めており、これで実に五度目のタッグとなる。

    『海街diary』『三度目の殺人』といった映画の他、『大塚製薬』の食物繊維飲料『ファイブミニ』のCMなど、
    数多くの是枝作品に抜擢されている広瀬。その信頼は相当に厚いようで、是枝監督は今回のCM撮影にあたり、

    《いつもCMの仕事はスケジュールの問題などでなかなかお受けできないのですが、広瀬さんが出演ということで引き受けました》

    とまで明言している。

    『娘のよう』という表現のいかがわしさ
    一方、特定の若い女優を重用する是枝監督に、批判的な声を上げる者もいるようだ。とあるネット掲示板には、

    《若い子好きなのねえ》
    《歳は離れてるけど異性として狙ってるのかな?》
    《広瀬すずも何でこんなに媚びてるんだ》
    《広瀬さんだから特別に受けましたって結構大胆な発言じゃ…》
    《毎回コメントが相思相愛だよねこの2人》
    《気持ち悪いくらい広瀬すず好きだね。なんか怖い》

    などといったコメントが上がるなど、あらぬ関係を疑う動きまでみられている。

    「是枝監督は妻子持ちな上、一回りどころか〝三回り〟も離れた広瀬は娘のような存在。以前、『三度目の殺人』公開の際に対談したときは、
    『僕は成長とともに撮り続けていきたいって思ってる』とも話しています。しかし、一般的に『娘のよう』という表現は、歳の離れた女性の警戒心を解く常套句であることも事実。
    広瀬が是枝監督を指して言っている『お父さんのような存在』も、女性タレントが媚びを売るコメントでよく聞くパターン。ファンたちがざわめくのも無理はありません」(芸能ライター)

    監督と若手女優の関係では、福田雄一監督と橋本環奈も幾度となくタッグを組み、「福田監督のハシカン愛がヤバい」などと囁かれている。

    監督に媚びを売るのも、女優として必要な能力なのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1715400/
    2019.03.03 11:02 まいじつ


    (出典 www.cinemacafe.net)


    (出典 img.cinematoday.jp)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 www.cinemacafe.net)


    【【芸能】広瀬すず“是枝裕和監督と毎回コメントが相思相愛だよねのネットの反応】の続きを読む

    このページのトップヘ